インフルエンザ感染 朦朧とした意識の中で感じたこと

  • 2018/1/17
  • インフルエンザ感染 朦朧とした意識の中で感じたこと はコメントを受け付けていません。

やっとインフルエンザの苦しみから開放されてきました。
20年もインフルになったことがなかったので、かなり油断してましたね。

TVでインフルネタを知っても他人事でしたが、今回久しぶりに感染してインフルエンザ予防がどれだけ大切なのかを実感しました。

約10日ほどですが高熱と節々の痛みで意識が朦朧としている時に考えていたことを書いてみようと思います。

 

インフルエンザ予防接種は受けるべき

子供が小さい頃にインフルエンザA型に感染し、それを最後に全く感染することがなかったので予防接種は受けたことがありませんでした。
受けようとは思うのですが、面倒くさいと思ってしまい・・・受けない。

今回感染して、これだけ辛い思いをするくらいなら絶対に予防接種は受けるべきだと身をもって実感しました。

私は元々平熱が35度ほどと低いので、ちょっとの熱でもフラフラになってしまうんです。
今回は最高で38.9度まで熱が上がり、大げさですが死ぬかと思いました。

色入と調べてみましたが、インフルエンザB型の場合は高熱になることって少ないらしいんですね。
人によっては感染したことに気が付かないこともあるそうです。

もう二度とあんなに苦しい思いはしたくないので、今年からは予防接種は必ず受けることにします。

 

感染しないために気をつけること

インフルエンザもそうですが、風邪などの予防には
・手洗い
・うがい
・外出時はマスクをする
などがあります。

今回自分が感染して感じたことは、これだけでは不十分だということ。

多分ですが今回私が感染した原因は、妻の病院へ付き添った時だと思っています。
というのも付き添った日が1月の6日。
この日の夜から変な咳が止まらなくなり、翌日は咳と共に酷い倦怠感に襲われました。

この時期の病院って風邪やインフルエンザ拾う可能性が高いので、自分では相当気をつけていたつもりでした。
病院内ではマスクを外さない、帰宅後は消毒石鹸で手洗い、そしてうがい。

でも気をつけていても感染するんですよね。

実際に感染して思うんですが、さらに感染しないために気をつけなければダメなんだってこと。
とりあえず出来ることとしては
・インフルエンザ対策用のマスクをする
・手袋をする
・吊革や手するにはなるべく触らない
・帰宅後はアルコール消毒
・うがいは水ではなくうがい薬を使う
・口の中を清潔にする
などなど。

他にも免疫力を高めるために、栄養価の高い食事を取るということも大切です。

 

まだまだ気が抜けないインフルエンザ

2018年はインフルエンザA型とB型が同じくらい流行しているそうです。
本来ならA型が流行した後でB型というパターンらしいのですが、今年は違うそうです。

またA型とB型のインフルエンザ感染ということもあるので、まだまだ気が抜けそうにありません。
予防も大切ですが、もしも怪しいと感じたら少しでも早く病院へ行くことをおすすめします。

まだまだ寒い日が続きますからね。
ほんと十分気をつけてくださいね!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 

サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 過去五回の手術にもかかわらず、脊柱管狭窄症の痛みが日増しに酷くなってきました。 こうなって…
  2. 腰痛に悩まされるようになって十数年。 椎間板ヘルニアの手術一回、脊柱管狭窄症の手術四回。 …
  3. イクメンという言葉が市民権を得て数年。 個人的にこの「イクメン」という言葉を聞くたびに吐き…
  4. 3月中旬に「脊髄刺激装置」を埋め込んだにもかかわらず、手術前の痛みが完全に戻ってしまいました…
  5. 脊髄刺激装置本埋込みの手術が終わり退院しました。 術後の経過は比較的良好で、今まで散々苦し…
ページ上部へ戻る