神経根ブロック注射の痛みと効果

6回目の神経根ブロック注射を打ってきました。
この注射は何度やっても痛みに慣れることはないですね!

出来ることなら絶対に避けたい・・・と思ってしまいます。

 

神経根ブロック注射の痛み

今まで色々な注射を打ってみましたが、これが一番痛いです。
例えるなら、足の神経を直接ぶん殴られる感じかな?

ちょっとわかりにくいですが。

虫歯の治療のときに麻酔無しで神経触られるとものすごく痛いじゃないですか?
それの足版ですね。

順序としてはレントゲンの台に乗って注射を打つ場所を特定。
消毒。
打つ。

といった順序で進むわけですが、待っている間は恐怖しかないです。
特に今回は、注射を打った瞬間からドンッ!という痛みが走り我慢するのが辛かった・・・

今までは「チクン」という痛みの後にジワジワと神経への痛みが来たのですが、今回はいきなりでした。
医師が痛みを感じる場所が、いつも痛む箇所と同じかどうかを確認し、痛み止めを流します。

と、その前に撮影がありました。

その間は激痛に耐えることになりわけですが、ほんの数分間が異様に長く感じます。
それだけ辛いってことですね!

 

ブロック注射の効果と期間は?

これは個人差があると思います。
聞いた話では痛みがなくなってしまう人もいるとか?

私の場合は、注射した日しか効果を感じません。

その日はいつもよりも痛みは少ないのですが、翌日には元通りの痛みを感じます。
あれだけの痛みに耐えるんだから、もう少し効き目があってもいいんじゃないかな?
そう感じてしまいます。

ただ、毎回そうなんですが痛みをなくすというよりも、痛みを感じる場所を特定するための神経根ブロック注射なので仕方がないのかもしれません。

これで痛みの箇所が特定されれば、今後の治療方法もわかるかも?
なんせ今の状態ではどうすることも出来ないほど追い詰められてますから・・・

治療方法がわかるだけでも気分的に軽くなります。

 

脊柱菅狭窄症再手術?

2度も脊柱管狭窄症の手術をしていますが、もしも手術すれば治る可能性があるのなら、もう一度手術を受けるつもりでいます。

本音は「やりたくない」のですが、今のまま痛みを我慢するのは辛いですから。
おまけに日を追うごとに痛みが強くなっていて精神的にも追い込まれています。

例え1%の確率としても手術を受けますね。
後何十年も我慢することは絶対に無理そうですから!

ここ最近は少し動くだけでも腰と足に激痛が走ります。
こんなんじゃあ何も出来ません。

一日も早く痛みから開放されたいですね!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。
 

サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」
ページ上部へ戻る