脊柱管狭窄症とペインクリニック

脊柱管狭窄症2度めの手術から約一年。
治るどころか痛みが酷くなり、あれこれと検査を受けて痛みの原因を特定。

3度めの手術を覚悟していたのですが、あまりにリスクが高すぎるということで手術の前にペインクリニックへ通院することになりました。

 

ペインクリニックって何?

ペインクリニックとはペイン(痛み)のクリニック(診療所)という意味で、私のように何度も手術を受けたが痛みが消えない・・・
という患者さんに麻酔科の医師がその人に合わせた処置をしてくれるそうです。

本日第一回目の診察だったのですが、今回は診察のみで2週間後に痛み止めの針を刺すとのこと。

この針は電気針らしく、刺して直ぐに痛みが改善されるかどうかが分かるらしいんですね。
そこで効果があるとわかれば1週間ほど針を刺して様子を見るらしいです。

今の時点でわかっていることはこの程度です。
今後の様子については通院するごとに記事にしていこうと思います。

 

手術回避で良くなるのか?

今回手術をしなかった理由に「痛みの原因が完全に特定されていない」という理由がありました。

一応、神経根ブロック注射で足の神経のどこが痛むのか?
という事はわかりましたが、腰自体の痛みが特定されていません。

多分なのですが、腰椎固定術でボルトを挿した一番下の部分が問題ではないか?
そこが一番怪しいらしいのですが、MRIの画像を見る限りでは異常はなし。

ただ、画像上は異常がなくても実際に手術してみたら、骨とボルトがしっかりと固定されていないということもあるそうです。

私の場合もコレが原因らしいのですが、「らしい」というだけでオペするのはリスクが高すぎるし例えもう一度やり直したとしても痛みそのものが消えるかどうかは五分五分らしいんです。

まあ、ペインクリニックの治療で完全されなければ最終的には再手術ということになります。

とにかく一日でも早くこの痛みから開放されたいですね。
もう精神的にも限界が近づいています。

はたしてどうなることやら・・・・

 

ペインクリニックで良くなる確率は?

最後に・・・ペインクリニックで痛みが改善される確率ですが7~8割と言われているそうです。
過去に私と同じような方でも良くなった人もいる。

そう聞くと少しだけですが希望が持てます。

良くなったらもう一度サラリーマンしたいとか、やってみたいスポーツのことを考えたりとか。

少しでもポジティブに考えることで気持ちに余裕が生まれればと思っています。
気持ちまで腐ってしまったらお先真っ暗ですからね!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 過去五回の手術にもかかわらず、脊柱管狭窄症の痛みが日増しに酷くなってきました。 こうなって…
  2. 腰痛に悩まされるようになって十数年。 椎間板ヘルニアの手術一回、脊柱管狭窄症の手術四回。 …
  3. イクメンという言葉が市民権を得て数年。 個人的にこの「イクメン」という言葉を聞くたびに吐き…
  4. 3月中旬に「脊髄刺激装置」を埋め込んだにもかかわらず、手術前の痛みが完全に戻ってしまいました…
  5. 脊髄刺激装置本埋込みの手術が終わり退院しました。 術後の経過は比較的良好で、今まで散々苦し…
ページ上部へ戻る