脊柱菅狭窄症 術後8ヶ月

  • 2017/5/9
  • 脊柱菅狭窄症 術後8ヶ月 はコメントを受け付けていません。

狭窄症2回目の手術から8ヶ月が過ぎました。
2度の手術にもかかわらず、完全に痛みが消えることもなく
それなりに辛い日々を過ごしています。

 

春になってから少しは楽になってきた

4月に入って気温の上昇とともに少しだけですが痛みが引いてきました。
正月明けの苦しみから比べれば、とんでもなく気分がいいです。

多分ですが、気温が上がり寒い季節の頃に比べて筋肉の緊張が
和らいだおかげかと思っています。

根拠はないですけど。

連休中も少し遠出をしたり、タケノコを掘ったり(2本だけですが)と
動き回ることが出来ただけでも、かなりの進歩です。

ただ、また冬になったら痛みが悪化するのでは?
といった不安もあります。

 

8ヶ月目の検診

本日8ヶ月目の検診に行ってきました。

医師に最近の状態を聞かれて、少しだけ痛みが引いてきた・・・
と話したのですが、少しは改善されてきたのではとのこと。

ただ、前回の検診時から「リリカ」という薬の量が倍になっています。
最高の150mっていうやつです。

リリカは25m、50m、75m、150mという種類があり、私が服用しているのは
最高の150mなんですね。

この薬の効き目もあって、痛みが引いてきているとも思います。
しかしこの薬も副作用がきつい。

その日の体調にもよりますが、あまり良くないときにはふらつきが酷いです。
とてもじゃないですが、今の仕事でもあるアフィリエイトなんて無理。

薬を飲まなくても痛むことのない体に一日も早く戻りたいってのが本音ですね!

 

連休を振り返って

ブログにも書きましたが、連休中は桔梗屋の工場見学にタケノコ掘りと
楽しんできました。

少し無理したせいなのか後半は家で映画見て過ごしてました。
病気もありますが、年取ったので体力も落ちてきたみたいです。

狭窄症が治ったら、ボルタリングを初めて体力つくりしたかったのですが
今の状態ではいつになったら出来るのかわかりません。

なぜボルタリングかといえば、近所にボルタリングの施設ができたからという
単純な理由です。

まあボルタリングは無理でも散歩なら出来るので、ぼちぼち体力つくりを
していこうと思います。

動かないと足腰弱ってしまいますからね!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る