【覚悟を】神経根ブロック注射【決めろ!】

  • 2017/3/14
  • 【覚悟を】神経根ブロック注射【決めろ!】 はコメントを受け付けていません。

脊柱管狭窄症2回目の手術から半年。
今日も術後の定期健診へ行って来ました。

ここ数ヶ月間は痛みが酷く、その痛みを抑えるために
ブロック注射を打ってきたんですが・・・

これ、結構辛いんですよね。

で、私の場合あまり効き目が無かったんです。
あれだけ辛い思いして効き目が無いって、ほんと嫌になります。

担当医に、あまり効き目が無いことを今日話したんですが
それなら「神経根ブロック注射を」ということになりました。

 

経験者ならわかる神経根ブロック注射の痛み

神経根ブロック注射は、医師がレントゲンを見ながら直接神経に
痛み止めの注射を打つ方法です。(簡単に言うと)

あまりの痛みにのた打ち回るので、看護師さんが両足を押さえ
動けない状態での注射になります。

私も何度も経験してますが、打つ前は嫌~な汗をかきます。
毎回・・・

その注射の痛みは、バカでかいハンマーで思いっきりぶん殴られたような痛み。
そんなたとえしか浮かびません。

本音はね、やりたくないんですよ。

でも、やらないことには先に進めない。
このまま一生痛みと向き合うことは、精神的に無理です。
少しでも良くなると思えることはやらなければ、痛みからは解放されない。

そんな理由から受けるしかないんです。

でも嫌だな~

 

注射後の副作用は毎回違う

これも私の場合ですが、毎回注射後の副作用が違います。

痛みを引きずるとか気分が悪くなる・・・ということはありませんが
30分ほどで歩けるときもあれば、1時間後でも歩けないこともある。

本当は誰か付き添いがいればいいんですが、毎回一人で行ってるんです。
注射打ちに。

一度全く歩けなくなってしまい、娘に迎えに来てもらったことがあります。
正直かっこ悪かったですね。

娘は二人とも介護福祉士なんで、車椅子の扱いも上手く
車椅子に座っている私を上手に扱ってました(笑)

次回打つのは1週間後。
一人で行くのは止めようかと思っています。

ただ、神経根ブロック注射を打っても良くなることは無いでしょう。
そうなれば次は一体どうなってしまうのか?

悩みは尽きないものです。

 

病は気から

病気になると、どうしてもメンタルは弱くなりますね。
いつ治るのか?見通しが立たない状態では余計に弱くなります。

正直今の私は「夢も希望も無い」様な感じ。

ただ、いくら悩んでも良くなるわけではないですからね。
前向きに生活していくしかないのかな~なんて思います。

今、脊柱管狭窄症で悩んでいるあなた!
多分、私よりもはるかに良い状態だと思います(多分)

お互い辛いですが、痛みを克服するために、病気をよくするために
頑張っていきましょう!!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。
 

サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る