電通事件で思う事

  • 2016/10/18
  • 電通事件で思う事 はコメントを受け付けていません。

668344

電通での過労死事件。
亡くなった女性が私の娘と同年代なので
人事とは思えません。

もしも自分の娘に同じようなことがあったとすれば・・・

絶対に許さないでしょうね。
会社はもちろんのこと、暴言を吐いた上司に対しては
とことんまで追い詰めると思います。

 

大嫌いな根性論

私が過去に勤務していた企業でも、体育会系のノリというか
根性論が当たり前になっていたところがありました。

どんなことでも根性で乗り切れ!

本気でこんなことを言う上司がバカとしか思えなかったです。

 

オマケに時間外手当は一切出さないと言う摩訶不思議な会社。

確かに無理やり仕事を作って、生活残業していた社員もいましたが
それでも毎日朝5時から深夜11時とか午前様まで働かせて
一円も払わないってのはどうなんでしょう?

それを毎朝朝礼で正当化してましたからね!

まあ、そんなやり方なんで、まともな人は3ヶ月もしないうちに
転職してしまう。

残ったのは使えないゴミばかり。
悪循環です。

 

当時は私も、これじゃあ体を壊すと思い転職を考えてましたが
転職先が決まる前に怪我をしてしまったんです。

それが結構酷くて手術したんですが、それを理由に解雇。
仕事中のケガにもかかわらず、労災はなし。

バカバカしくなって速攻で退職願書いて辞めちゃいました。

その会社、今ではハローワークの常連になってますw

 

ブラック企業 ブラックバイトはなくならない

ココ最近は国会でもブラック系の仕事に関しては話題になってますが
個人的にはなくならないと思っています。

ブラックと言っていますが、明確な線引きがあるわけでもなく
ただ騒いでいるだけ・・・

そんな印象しかありません。

 

やはり自分のことは自分で守らなければ、最悪の事態にだって
なりかねないって思ってます。

人間って、とことんまで追い詰められてしまうと冷静な判断は難しいし
真面目な人であるほど、今の自分が許せなくなったり自己嫌悪が強くなってしまいます。

こうなる前に家族なり友人なり、気がついてあげることが重要かなって。

 

私は元々根性なんてないし、嫌なら我慢しないで辞めちまえ!
っていうスタンスなんで極限まで追い込まれたことはありません。

正確も楽観的ですからね。

 

今まさに困っているのなら

もしも今、自殺を考えるほど悩んでいるのなら
誰でもいいから自分の現状を聞いてもらってほしいと思います。

人に話すだけでも、心は軽くなるものです。

そして出来るのなら、悪事の証拠を押さえて徹底的に戦うべきです。

 

パワハラなどの暴言は、スマホを使って録音。
今では「スパイカメラ」と呼ばれる超小型の録画機材も手に入ります。

事実こうやって証拠を押さえて、会社に損害賠償をした人も大勢います。

 

社会人として生きていくのなら、時には我慢も必要です。
でも度を越した暴言などは暴力でしかありません。

どんな些細な悪にでも、正義の鉄槌は下すべきです。

それが当たり前です。

 

なぜ正直な人、真面目な人、大人しい人が損をしなくてはならないのか?
ずるがしこく、姑息な輩が得をするという世の中は間違っています。

 

ストレスなく楽しく過ごすことが、人としての生き方だと私は思います。

 

 

いや~随分と酷い記事になってしまいました。

こいつアホだ、と思った方、申し訳ありませんでした。

 

それでは今回はこの辺で。

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。
 

サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

クズ不倫に正義の鉄槌を!

暇つぶしに見てください!

素人が作る料理動画

ピックアップ記事

  1. ブラック事業という言葉が定着しましたが、この言葉ができる以前から、こういった変な企業は存在し…
  2. 夫源病という病気が最近話題になっています。 この病気は夫が原因のストレスで、奥さんが精神的…
  3. 脊柱管狭窄症と診断されて、腰椎固定術という手術を受けてから一年と四ヶ月が過ぎましたが完全に良…
  4. 損する結婚 儲かる離婚という書籍が人気との話を聞きました。 この本を読んではいないのですが…
  5. 妻と知り合って26年。 結婚して24年が過ぎました。 今、幸せですか? と聞かれた…
  6. 夫婦円満。 良い言葉ですよね。 結婚当初はこれが理想であると思うのですが、理想と現実…
  7. ここ数ヶ月間、身内の不幸が連続しています。 私の年齢からすれば、ごく自然なことなのかもしれ…
  8. 少し前に書いた「夫婦関係」の記事が予想以上に読まれているので 今回は夫が妻のために出来るこ…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る