常に全力で行こう!

為せば成る、為さねば成らぬ何事も・・・

義父の座右の銘でした。

影太郎です。

お休み宣言から約一週間。
一体何していたかといえば・・・

 

葬式。

 

義父が急に他界してしまいました。

妻の実家は三人姉妹で妻は三女。
姉二人は独身なので男は私だけなんです。

 

で、
色々と打ち合わせ?や準備に追われていました。
挨拶文考えたり、式場やお寺との段取りなどなど。

葬儀も終わり、今記事を書いています。

妻の実家は私の家から車で10分ほどなので、義父とはよく顔を合わせていたんですね。

まあ高齢で持病もあったので、いつどうなっても・・・
という心の準備はありました。

 

以前こんな記事を書いたんですが

悔いのない人生

 

あの時こうしていれば・・・という後悔はしたくなかったんですね。
なので時間がある時には遊びに行ってました。

 

ただ、全く心残りが無いのか?

と聞かれれば決してそうではありません。

 

でもね、以前記事を書いたころのような後悔はありません。

自己満足ではありますが、色々と話もしたし義父も
満足してくれているだろう・・・と思います。

 

 

常に死は隣り合わせ

 

日本では「死」はタブーという印象があります。

どこか他人事というか意識していない。

そう思います。

 

しかし人はいつか必ず死ぬし、その時は誰にもわからない。

 

宗教的視点で見れば

「神のみぞ知る」

のかも・・・ですが。

 

今、私は40代半ばなんですが
後40年ほど生きるかもしれないし、明日死ぬかもしれない。

 

だからこそ、今日、今出来る事に全力で取り組む必要が
あるんじゃないかと思うんです。

 

やっぱり後悔はしたくないですからね。

あの時こうしておけば良かった・・・とか。

 

死の瞬間、

「俺の人生は最高だった!」

と、思える人生にしたいじゃないですか?

 

そう考えると日頃の行動も変わってくると思います。

明日でいいや、明日やろう!

とは考えられなくなりますね。

 

**********************************

 

もしも?の時のために

遺言ノートを買おうと思ってます。

 

私の家族はPC音痴なので、私がいなくなったら
サーバーの解約にドメインの解約。

ネット銀行の事など誰もわからないです。

 

それでは困るので一応用心のために記録を残しておこうかと^^

 

まだ死にたくはないですけどね。

 

せめて孫の顔を見るまでは!

 

 

 

では今回はこの辺で。

 

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。


日記・雑談(50歳代)ランキング

関連記事一覧