金脈探しの旅へ

三連休、いかがお過ごしでしょうか?

25年前のこの時期、私は成人式でした。
と、いう事でもうオッサンの管理人です。

 

三連休の初日は休日出勤で仕事。

残り2日は休みなので【金脈探しの旅】に出かけて来ました。
今回の記事は休憩コンテンツとして楽しんでください!

 

 

遠州七不思議を巡る

 

遠州七不思議ってあるんですが、その中の3つを今回は
紹介して行きます。

 

小夜の中山 夜泣き石

 

DSCN0197

昔、お寺に安産祈願に行った婦人が
この石に座って休んでいるところを
山賊に襲われて切り殺されてしまいました。

 

切りつけられた時にお腹から
赤ん坊が産まれ、殺された母親の魂が
この石に乗り移り泣いて助けを求めた。

 

そんな伝説があります。

その時に泣いたといわれるのが、この夜泣き石です。

 

この石には刀傷も残っていて、弘法大師が
書いたといわれる文字も残っています。

 

DSCN0198

私が子供の頃には刀傷も確認出来たんですが
今回は確認出来ませんでした。

見落としていたかも?

 

この夜泣き石がある場所から車で5分ほどの所
九延寺に、もう1つ夜鳴き石があります。

 

DSCN0208

この石には傷も何もありませんでした。

このお寺の隣にお土産屋があり、ここで山賊に切り殺された
母親から生まれた子供を育てた「子育て飴」を買うことができます。

 

DSCN0230

水飴です。
カンロっぽい味ですね。

1つ500円。
ここを訪れた時には買ってみてはいかがでしょうか?

 

DSCN0212

子育て飴を販売している店。
ここは旧東海道だったそうです。

 

桜ヶ池

 

DSCN0216

皇円上人が人々を悩みから救うため、自らの姿を竜に変えて
この池に入廷されたという言い伝えがあります。

 

この桜ヶ池では「おひつ納め」という奇祭があり
赤飯をつめたおひつを1個神社に、もう1つを池に納めた
ことから始まったそうです。

 

またこの池は、長野県の諏訪湖と地下で繋がっている
との言い伝えもあります。

 

DSCN0218

 

子生まれ石

 

岩から「まゆ型」の石が生まれ、この石を子生まれ石といいます。

 

DSCN0222

沢の岩盤から石が飛び出ていますね。

この石は、この近くにあるお寺の住職の墓石になるんですが
不思議な事に代々住職が変わると石が岩盤から落ちるそうです。

 

遠くから見るとこんな感じ

 

DSCN0223

なんともミステリアスですね。

 

ここは子生まれと言われているためか安産祈願に
訪れる人も多いところです。

 

DSCN0226

結構、遠い所からの人も多いですね。

一度だけ妊婦さんと会った事があります。

 

今回は七不思議の3つだけですが、後4つ不思議があります。
ちょっと場所が遠いので行けませんでしたが
興味のある方は「遠州七不思議」でググって下さい。

 

 

この記事のタイトルは金脈探しの旅ですが
なぜこれが金脈探しなのか?ってことですけど
今回は写真だけではなく動画も撮影しています。

 

撮影した写真と動画。

この2つを使って「ある事」をしようと考えているんです。

 

まあ、当れば美味しいしハズレたら・・・

それはそれで検証できるし次へ繋げるステップになる。

 

そう思っています。

 

まあ今年は新しい事にも積極的にチャレンジするという事で!

 

では今回はこの辺で。

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

素敵な連休をお過ごし下さい!


日記・雑談(50歳代)ランキング

関連記事一覧