そして伝説へ その2

男だったら子供の頃にあこがれたヒーローっていますよね?

私はバビルⅡ世にあこがれていました。
超能力を使う正義の少年。

カッコよかったな~。

では前回の続きです。

 

営業職の人達の気持ちを代弁してヒーローとなった自分。

あれだけチヤホヤされると素直に嬉しいですね。

 

ここで以前もらったメールの話を。

影太郎さんは記事を書くときに
どんな事を意識して書いていますか?

 

では私の答えです。

現代人は現実を現実として捉えていない、生きていないと
個人的には思っています。

心の何処かで何かに保障されているって思っているんですね。

自由や権利などが無条件で保障されている。

裏を返せば、生きている実感を求めているんだと思います。
ある意味、病的ですね。

 

そして孤独感を抱えた人が多いとも思います。

 

人は何故、メッセージするのか?

こう考えた場合の答えは

理解されたいから

 

ではないでしょうか?

 

その発信したメッセージが理解されれば共感に変わります。

私が代弁した言葉のように・・・です。

 

共感はやがて仲間意識に変わり、
仲間意識は孤独感を暖和します。

 

抱えている行き場の無い感情を代弁し、メッセージする。

 

常にこの事を意識して記事を書いています。

 

役立つという事も重要です。

ただ私の場合、本当に役立っているかは不明ですが・・・

 

次回、完結編。

お楽しみに!って
楽しみにしている人いるのかな?

 

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。


日記・雑談(50歳代)ランキング

関連記事一覧