この世界で生き残るために

影太郎です。

選挙も終わりましたが、やはりというか創造通りの
結果が出ました。

間違いなくこうはなるとは思っていたのですが
まさかここまで大差が出るとはインド人もビックリです。

さて、今後の日本はどうなってしまうのでしょうか?

 

これからの時代を生き残るためには何が必要なのか?
少し考えてみたので思いつくまま記事を書いていきます。

 

年功序列に終身雇用。
バブル期には永遠に続くのでは?と創造していました。
というより信じていた事。

 

良い大学を卒業して良い会社に就職。
定年まで勤めれば年金で何不自由なく生活出来る。

 

当時は当たり前として捕らえていたことも
今では当たり前ではありません。

いまでもこの二つを信じているのなら考え方を改めるべきだと思います。

こんな制度はとっくの昔に崩壊していますよね。

 

あの頃は企業が求人を出しても人が集まらないなんて
当たり前でした。

就職したら車一台プレゼント。
そんな会社も存在していましたからね。

 

と、バブル期の事は終わりにして、今後は自分の力で
生きていく時代になっていくと思っています。

自分で起業しろ。

というのではなく 向上心のある人が生き残るということです。
これは私個人の考えなので、あくまで参考程度に捕らえて下さい。

 

私もそうですが未来を考えた時に

「今の世界の延長線上」

で物事を考えてしまいます。

 

でも未来が今の延長線上にあったとしたらバブル崩壊なんて
起こらなかったのではないでしょうか?

色々と今後の事は言われていますが未来なんて誰にもわからないし
歴史は非連続です。

 

常に危機感を持ち、自分の殻を破って外の世界を創造する。

 

こういった考え方を持つ人が今後の世界で生き残れるのでは?
そう考えています。

 

自分のちっぽけな殻を壊すことが出来なければ
時代の流れ、変化に対応する行動をとる事は出来ない。

 

行動出来なければ気がついたときには淘汰されていた。

なんて事もあるかもしれません。

 

想像力と向上心、そして勇気。

この三つがあれば生き残ることが出来ると思っています。

 

サラリーマンとして生きていくとしても「何もない人」よりは
こういう考えを持った人を企業側も求める時代に変わっていくと考えています。

 

「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を惹かれた人間達だろ!」

 

と排除されないように今の自分の殻を壊して進化を意識していきましょう。

 

 白鳥に感動!

 

宮城県の出張から戻って来ました。
ホテルのネット回線が悪く訪問がほとんど出来ませんでした。

ご迷惑お掛けして申し訳ありませんでした。

 

出張先の近くに「伊豆沼」という渡り鳥が集まる有名な場所があり
最終日にちょっとだけいってみました。

 

野生の白鳥を見るのは初めてなので
凄く感動しました。

今までは動物園でしか見た事なかったので。

沼というので小さいのかと想像していたのです
が、かなりの大きさでびっくりでした。

 

 

 

V字変体で飛ぶ渡り鳥。

こうやって飛んでいる鳥を見るのも初めて。

 

写真は撮れなかったのですが白鳥もこうやって
飛んでいる姿が見れました。

 

静岡では絶対に見ることが出来ない光景に
感動しまくりの一週間でした。

 

 

餌を探しているガン。

この鳥も初めて見る鳥でした。

 

一月にもう一度行くかも?なので
次回はゆっくりと野鳥観察してみたいです。

 

 

ここまでお付き合いいただいて
ありがとうございました。


日記・雑談(50歳代)ランキング

関連記事一覧