地味な作業も結果に繋がる

影太郎です。

随分と古い写真ですが、昔ルアーフィッシングをしてました。

これは雷魚と呼ばれる魚です。
自己最高記録の85センチ。

ルアーフィッシングでストレス解消と集中力を高めていたあの頃・・・
当時を振り返りながらビジネスとの関連を記事にします。

 

この写真の頃、1999年なんですが当時は営業職をしてました。

 

日々ノルマに追われながら上司に成績が悪いと怒られ
お客さんからは毎日のようにクレームを付けれれていました。

 

本当に辛い毎日でしたね。
転職する事ばかりを考えていたあの頃。

 

しかし、バブル崩壊の影響もあり、就職先は見つからずストレスが
蓄積される毎日でした。

 

そんな日々のストレス解消がルアーフィッシングでした。

 

鬱蒼と茂るアシやガマ。
水面を覆う ハスやヒシなどの水生植物。

 

耳を塞ぎたくなるようなセミの声。
水辺に集まる鳥達の鳴き声・・・

 

自然を体で感じながら、ゆっくりと流れる時間の中で
日々蓄積されたストレスを解消していました。

 

雷魚のルアーフィッシングって体験した事のある人は解ると思うんですが
集中力が他の釣りと比べると結構必要なんです。

 

竿先に意識を集中しながらルアーを動かし
水面のかすかな動きにも意識を集中する。

 

雷魚の気配を感じながら、一瞬で雷魚に吸い込まれるルアーを確認してフッキング。

 

ざっくりと例えると、こんな感じです。

 

ではビジネスとの関連なんですが
雷魚フィッシングの場合、雷魚の生態は勿論ですが
行動パターンや捕食パターンをしっかりと知る必要があります。

 

ブラックバスの場合ならブラックバスの生態に行動パターンを
知らなければ釣りにはなりません。

 

つまり相手の事をより深く知らなければ
まともに釣る事は出来ないんですね。

 

まあ、まぐれで釣れる事はあっても次に繋げるのは難しいです。

 

アフィリエイトもそうですよね。

 

お客さんの事を知らなければ商品を勧める事は出来ないし
適当にリンクを貼って売れたとしても「運よく売れた」のであって
継続するのは大変な事だと思います。

 

言い方は悪いけど、一発屋 で終わってしまう。

 

私は雷魚を釣る為にコツコツと生態を知ることから初めて
釣る為のテクニックを覚えてきました。

 

一見地味な事ですが、その知識が血となり肉となる。

 

アフィリエイトもコツコツと行う作業が血となり肉となる。

 

コツコツとしっかり身に付けた事は
いずれ大きな結果となって帰ってくるはずです。

 

あなたが必死で学んできた事や地道に努力してきた事は
今後大きな財産となります。

 

例え全てを失ったとしても、あなたが学んだ知識や努力してきたという事実があれば
いくらでも再現する事が出来るはずです。

 

アフィリエイトの世界は月に数千万円稼ぐ人もいます。
しかし全く稼げない人がいるのも事実です。

 

上をみても下を見てもキリが無いですが
自分のペースで継続していくことが一番の近道だと私は思います。

 

日々の辛い作業も血となり肉となる。
そして大きな結果へと繋がる。

 

自分を信じて頑張りましょう!

 

———————————————————————————————————–

 

昔はルアーフィッシングにハマっていました。
週末は絶対に釣りしてましたね。

 

借金してこんな物まで買いました。

 

なんだろう?

 

意外と凝り性です^^

 

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。


日記・雑談(50歳代)ランキング

関連記事一覧