理解されない腰痛の辛さ

 

腰痛持ちの方なら理解していただけると思いますが・・・
というよりも腰痛持ちの人しかわからない辛さ。

腰の痛みで思うように動けないし働けない。

こうなると職場では「都合に良いようにサボっている」と思われがちです。

 

腰の痛みは甘えの証拠

健康な人だと絶対にわからない腰の痛み。

私も過去の職場で腰が痛くて・・・というと都合よくサボっているとか甘えているとか色々と陰口を言われてきました。
確かに外見上は健康なわけですから、そう思われても仕方がないかとも思います。

しかし、腰が痛い人はどんなに頑張っても痛みには勝てません。
むしろ無理してしまえば更に腰痛は悪化。

最悪の場合働くことは出来なくなります。

働けない=稼げない

となってしまうと家族を養うどころか自分の生活まで出来なくなってしまいますね。

 

腰が治らないならクビです

3回も手術したけど腰が治らない。
まあ、私のことなんですがコレが原因で勤務先を解雇されました。

本音を言ってしまえば悔しいのですが会社側からすれば、まともに動けないやつを雇うよりは健康な人を雇うほうが良いんですね。
当たり前ですが。

薬を飲んでいれば痛みは多少ですが暖和されます。
しかし完全に痛みがなくなるわけではない。

それに1日8時間労働は本当にキツイです。

そうなると就職なんて無理ですよね?

解雇宣言された時には本当にムカつきましたが、落ち着いて考えてみれば会社側の意見も「その通り」なんだと思えるようになりました。

今はサラリーマン出来ないなら自営業で・・・と昔覚えた機械屋の知識を活かして半月ほどの仕事を受けて暮らしています。
昔よりは稼げませんが、体力的にも気分的にも気楽に働けるので中々快適です。

 

腰痛持ちの人は皆同じ気持ち

以前通っていた病院のリハビリで知り合った方は皆、会社では腰痛のことを理解してもらえないって嘆いてました。
やっぱり俺だけじゃないんだな~なんて思いましたね!

当時は自分と同じ気持ちの人がいるってことだけですごく嬉しかったです。
よくお互いに職場の愚痴とか言い合ってました。

 

自分がここまで酷くなって思うのですが、陰口叩かれるのが本当に嫌で無理して仕事してきました。

その結果が今の自分です。

あの時無理せずに働いていれば、ここまで腰が悪くなることもなかったんじゃないか?
そう思ってしまいます。

健康な頃には絶対に自分が働けなくなるなんて思いません。
なので多少の無理もしてしまいます。

なくして初めてわかる健康の大切さ。

身体が悪くなってしまうと全ての歯車が狂いだします。

絶対に無理も無茶もしてはダメですね!

 

愚痴になってしまいましたが、今回はこの辺で。

ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。


サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 過去五回の手術にもかかわらず、脊柱管狭窄症の痛みが日増しに酷くなってきました。 こうなって…
  2. 腰痛に悩まされるようになって十数年。 椎間板ヘルニアの手術一回、脊柱管狭窄症の手術四回。 …
  3. イクメンという言葉が市民権を得て数年。 個人的にこの「イクメン」という言葉を聞くたびに吐き…
  4. 3月中旬に「脊髄刺激装置」を埋め込んだにもかかわらず、手術前の痛みが完全に戻ってしまいました…
  5. 脊髄刺激装置本埋込みの手術が終わり退院しました。 術後の経過は比較的良好で、今まで散々苦し…
ページ上部へ戻る