【絶望】脊柱管狭窄症 手術後のCT検査の結果

2週間前に撮影したCT検査の結果を聞いてきました。
最悪、再手術かも?と考えていたのですが、それ以上の絶望的な結果に・・・

 

希望が消えた瞬間

検査前の話では、背骨を固定したボルトが緩んでいる、または背骨にしっかりと付いていないのでは?
とのことだったのですが、手術後の経過は完璧で、全く緩みも無くしっかりと付いていることがわかりました。

当然、再手術をすることはありません。
あの痛みを耐える苦痛から解放されたのは、本当にうれしいことです。

しかし・・・

手術した箇所が完璧となると、また別の部分が悪いということなんです。

 

もしかしたら別の病気の可能性も?

ずっと狭窄症の影響で、腰の痛みが出ていると思ってましたが、CTで見る限り悪い部分は今のところ無いそうです。
そうなると別の病気の可能性もあるとか?

もしかしたら狭窄症よりもはるかに危険な病気なのか?
それとも今まで手術した部分とは別の箇所が悪くなり、痛みが出ているのか?

今の段階ではわからないとの事でした。

そうなると、このままずっと痛みを我慢しなければならない。
これほど辛いことはありません。

この病気のおかげでサラリーマンは出来なくなってしまった訳だし、専業でネットビジネスをしているのはいいけれど痛みが酷くて動けない日もある。

正直、今後のことを考えてしまうとお先真っ暗です。

 

腐っていて仕方ない

お先真っ暗なんですが、ウジウジ悩んでいても良くなるわけじゃありません。
気持ちを切り替えるしかないんですよね!

担当医は、今後の様子を見ながら治療方針を決めると言っていました。
今の段階では痛みの原因はわからない。
でも、今後原因さえわかれば治療の方法もあるでしょう。

まぁわずかな希望ですが、絶望しているよりはいいかな・・・と思います。

気温も上がってきたことなので、散歩を日課に少しずつ身体を動かしてみます。
もしかしたら運動不足なだけかもしれませんからね!

 

それでは今回はこの辺で。
ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。


サラリーマン ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」
ページ上部へ戻る