【俺は】来世でも妻と結婚しますか?【無理】

  • 2017/4/1
  • 【俺は】来世でも妻と結婚しますか?【無理】 はコメントを受け付けていません。

ここ数ヶ月間、身内の不幸が連続しています。
私の年齢からすれば、ごく自然なことなのかもしれません。

しかし、そうは思っていても中々「死」というものを受け入れることは難しい。
出来ることといえば「後悔しないために」今出来ることを必死ですることが大切だと思っています。

 

パートナーを大切にしてますか?

夫、妻。
自分のパートナーを大切にしていますか?
と聞かれて「大切にしています」と即答できる人はどれくらいいるのでしょうか?

正直、私は妻を大切にしているとは言えません。

生涯大切にする、幸せにする・・・と結婚式のときに神前で誓いました。
しかし現実は近いとは程遠い毎日です。

最近思うのですが身内の不幸が重なり、いつ自分自身に不幸が訪れるかはわかりません。
もしかしたら明日死ぬかもしれないし、数十年後かもしれない。

今40代後半なので平均寿命から考えたとすれば数十年後でしょう。
しかし、この記事を書き終わってコンビニに行ったとします。
その帰りに事故で・・・ということも無いとは言えません。

今のままの生活を今後も続けたとしたら、きっと後悔する。
あの時こうしていれば・・・とか。

そんな後悔をしないためにも、もっと妻を大切にしようと思っています。

ただし、思うだけで実行が出来てはいませんけど。

 

死ぬために生きる

日本では「死」というものがタブーとされているように感じます。
人が生まれた瞬間から死は常に隣り合わせ。
光と影のようなもの。

これは人によって考え方は違いますが、私自身はこう考えています。

昔何かの本で読んだのですが、人は死ぬために生きている、と書いてありました。
正直???となりましたが。

ちょっと宗教色が強くなりますが、今生きている世界、つまり現世は修行の場であり「魂」を鍛えるために人は生まれてくる。
本来、人の魂は永遠に存在する。

これも本で読んだのですが、こう考えれば確かに納得する部分もあります。

それと同時に永遠に魂が生き続けると考えれば「死」そのものの恐怖も薄れるように感じます。

正直死ぬことは怖いですからね。
少しでも恐怖から逃れたいために、そう思っているのかもしれません。

 

来世があるのなら?

もしも来世があるとしたら、あなたは今のパートナーともう一度結婚したいと思いますか?
ちなみに私はNOです。

絶対に無理!

別に今の妻が嫌いなわけではありません。
かといって愛していない訳でもない。

ただ、本当に来世があるのなら、別のパートナーと違う人生を送ってみたいんです。

少しオカルト要素がありますが、前世の記憶を持って生まれてくる人もいます。
まあ正確には「物心がついてから」昔の記憶が蘇るんですけどね。

こういった話を否定することは簡単です。
信じなければいいんですから。

ただ全てが嘘かといえば、そうともいえない。

で、時々考えるんです。
もしも今の記憶を持ったまま生まれ変わったら?って。

そして今の妻も同じ時間軸に生まれていたら、自分はどうするだろう・・・って。

答えは最初に書いたように結婚はしません。
また同じ人生になりそうだから。

それじゃあ面白くなさそうですよね?

 

最後に

今回もグダグダな文章になってしまいました。
やはり体調が悪い時ってダメですね。

元々文章が上手いわけではないので相当悪い記事になってしまいました。
反省です。

狭窄症の影響で、一週間の半分はまともに動けません。
一日も早く病気を治したいと考える毎日です。

 

それでは今回はこの辺で。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

クズ不倫に正義の鉄槌を!

暇つぶしに見てください!

素人が作る料理動画

ピックアップ記事

  1. ブラック事業という言葉が定着しましたが、この言葉ができる以前から、こういった変な企業は存在し…
  2. 夫源病という病気が最近話題になっています。 この病気は夫が原因のストレスで、奥さんが精神的…
  3. 脊柱管狭窄症と診断されて、腰椎固定術という手術を受けてから一年と四ヶ月が過ぎましたが完全に良…
  4. 損する結婚 儲かる離婚という書籍が人気との話を聞きました。 この本を読んではいないのですが…
  5. 妻と知り合って26年。 結婚して24年が過ぎました。 今、幸せですか? と聞かれた…
  6. 夫婦円満。 良い言葉ですよね。 結婚当初はこれが理想であると思うのですが、理想と現実…
  7. ここ数ヶ月間、身内の不幸が連続しています。 私の年齢からすれば、ごく自然なことなのかもしれ…
  8. 少し前に書いた「夫婦関係」の記事が予想以上に読まれているので 今回は夫が妻のために出来るこ…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る