絶滅危惧種 消え行く良妻賢母

  • 2016/7/19
  • 絶滅危惧種 消え行く良妻賢母 はコメントを受け付けていません。

18c6aa5a24cb0e6f9126f07c8d60900d_s

良妻賢母。
既婚男性にとっての理想と言ってもいいかもしれない。

しかしここ数年、絶滅危惧種になりつつあるようです。

 

崩れていく人妻の貞操観念

少し前の記事で、探偵・興信所へ浮気調査を依頼する
既婚男性が増加していると書きました。

で、つい最近なんですが狡猾な手口で浮気する人妻
といった記事をネットで読んだんです。

 

浮気相手とイ○ン(ショッピングモール)で待ち合わせ。
ホテル(ラブの方)サービスタイムを使って大人の関係。

サービスタイム終了時刻(16時頃)にショッピングモールへ。
そのまま買い物して帰宅。

 

この手口は数年前から知ってましたが、最近増えてきたようです。

 

個人的な意見なんですが、既婚女性に迫る男もどうかと思うんですが
それに同調して浮気する既婚女性もいががなものかと。

もうね、クズとしか言えないですよね。

 

これは僕の妻の友人から聞いた話なんですが
彼女の勤務先にいる女性は全員夫以外の彼氏がいるそうです。

つまり浮気してるって事。

そして全く悪いことだとは思っていないそうです。
一体どういう貞操観念してるんでしょうか?

 

既婚女性に言い寄るゴミ男

少し話は変わりますが、僕の勤務先に某乳酸菌飲料の
販売に来る女性がいます。

で、この女性。
既婚者で小さいお子さんがいるそうです。

 

しかしこの事実を知っていながら、必死で口説いているゴミ男。

もうバカなんじゃないかと(笑)
下心丸出しで、ある意味笑えます。

ものすごい綺麗な人なんで、口説かれることには
慣れているみたいなんです。

 

僕が
「あつこちで口説かれてるでしょ?」
って聞いたら
「皆、下心丸見えでイヤ」
と言ってました。

 

この人、凄いガードが固そうなんで
間違いなく口説き落とせる男はいないと思います。

しかし、今でも口説いている男はいる。

 

こういった男もどうなんですかね?
もうちょっと現実みろ!と言ってやりたいです。

 

なぜ僕が既婚女性を狙う男に嫌悪感を持つかといえば
妻も同じように口説かれていたからなんですね。

まあ今ではババアなんで、そんなことはありませんが
30代半ばまではパート先で言い寄ってくる男は多かったです。

 

たとえば2人で飲みに行こう!とか。

もうやりたいだけっていってるのと同じなわけですよ。
まさにサルかよ!って。

 

しかし人妻が、こうやって口説かれているうちに
本気になってしまうことって多いんですね。

ほら、結婚すると妻に対して興味が薄れる男多いじゃないですか?

そうなると妻としては、女として見られていないってなるんです。

 

そんな時に必死で言い寄られると悪い気はしないでしょう。
私もまだ女なんだって。

 

実際にこのパターンで浮気、家庭崩壊ってのも多いです。

一応我家は大丈夫だったんですが、
結構危なかったって言うのも事実。

 

僕の妻も好きだとか愛してるとか言われて
浮かれてましたからね。

もしかしたら心は持っていかれていたのかもしれません。
あの当時は。

 

一応いまでも夫婦として生活しているのは
あの時に釘を刺したからかもしれません。

妻にも口説いている男にも。

 

ウチの嫁は美人じゃないから・・とか
そんな心配はないよ・・・
って思っていると危ない時代なのかもしれません。

良妻賢母って幻になってしまったのかもしれませんね。

参考サイト
浮気調査AtoZ

関連記事

コメントは利用できません。

クズ不倫に正義の鉄槌を!

暇つぶしに見てください!

素人が作る料理動画

ピックアップ記事

  1. ブラック事業という言葉が定着しましたが、この言葉ができる以前から、こういった変な企業は存在し…
  2. 夫源病という病気が最近話題になっています。 この病気は夫が原因のストレスで、奥さんが精神的…
  3. 脊柱管狭窄症と診断されて、腰椎固定術という手術を受けてから一年と四ヶ月が過ぎましたが完全に良…
  4. 損する結婚 儲かる離婚という書籍が人気との話を聞きました。 この本を読んではいないのですが…
  5. 妻と知り合って26年。 結婚して24年が過ぎました。 今、幸せですか? と聞かれた…
  6. 夫婦円満。 良い言葉ですよね。 結婚当初はこれが理想であると思うのですが、理想と現実…
  7. ここ数ヶ月間、身内の不幸が連続しています。 私の年齢からすれば、ごく自然なことなのかもしれ…
  8. 少し前に書いた「夫婦関係」の記事が予想以上に読まれているので 今回は夫が妻のために出来るこ…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る