不倫クズの末路

  • 2016/1/8
  • 不倫クズの末路 はコメントを受け付けていません。

某女性タレントの不倫騒動が話題になってますね!

問題のタレントの知名度も影響してはいますが
ここまで大騒ぎ?になるのは、それだけ関心のある人が多いってこと。

不倫や浮気って、永遠のテーマなのかもしれません。

 

影太郎です。

最初に言っておきますが、私は不倫とか浮気とか大嫌いです。
こういった輩には罰を与えるべきだと本気で思ってます。

 

海外では、特にイスラム圏で不倫や浮気は死刑になることもあります。

ちなみにインドネシアでは女性は処女でなければ
結婚も出来ないそうです・・・

 

日本では考えられないですよね?

まあ、「不倫は文化だ」と言い切ったバカがいるくらいなんで
この国は下半身事情には甘いというか、どうでもいい事と
考える人も多いんでしょう。

 

しかし!

 

こういった浮気や不倫を、あなたの配偶者がしているとしたら?

そして、その事実を知ってしまったとしたら・・・

 

あなたは許せますか?

 

 

 

私は絶対に許さないですね。

地の果てまで追い詰めて、死んだほうがマシだと思えるほどの苦痛を
味合わせてやりますw

 

あっ、暴力とかじゃないですよ。
合法的に抹殺するって事です!

 

 

と、まあ過激なこと書いてきましたが
配偶者や恋人の浮気や不倫に悩む人は大勢います。

悩んでいるけど解決方法がわからない、または
どう対処していいのかがわからない。

 

そんな人の為に、お悩み解決サイトを複数作りました。

 

なんか人の悩みを金にするって、自分でもいい気持ちではありませんが
毎日安定してアクセスが集まってます。

収益もそれなりに・・・

 

言い方は凄く悪いですが、人間の悩みが深ければ深いほど
需要ってあるんだと思います。

 

 

不倫した友人

 

私の友人のほとんどが不倫の末に離婚しました。

未だに夫婦としての関係を維持している友人は、数組しかいません。

 

別に離婚することはいいとは思うんですが、不倫が原因じゃあ・・・ね。

カッコ悪すぎでしょ!

 

既婚者と関係を持てばどうなるのか?
考えなくたってわかると思うんです。

 

でも考えないんでしょうね、こういった人達って。

 

頭で考えるより先に下半身が反応するんでしょうか?

 

ちなみに不倫、浮気は不貞行為といって
離婚理由として認められています。

 

それに双方が既婚者の場合には、浮気した配偶者と
配偶者の浮気相手に慰謝料を請求できます。

 

最悪、裁判となれば記録が残ります。
一般的な企業に勤めていれば解雇されるでしょう。

 

そうです。

全てを失うことにもなりかねないってことです。

 

ここ数日話題の某女性タレントの末路はどうなるんでしょうか?

 

個人的には永遠に消えてほしいって思います。

 

多分、無理かと思いますが・・・

 

 

ちなみに私が不倫や浮気が嫌いなのは、妻を愛してるとか
そういった理由では全くありません。(キリッ!)

 

後先考えず行動するのは、バカのやることだと思ってるから。

 

不倫が好きなのなら「ヘンリー塚本」作品でもレンタルして
好きなだけ見ればいいんじゃないの?

 

って、マニアしかわからないネタで、今回は終わりです。

 

 

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 脊柱管狭窄症と診断されて、腰椎固定術という手術を受けてから一年と四ヶ月が過ぎましたが完全に良…
  2. 2016/10/10

    ゲス不倫
    今年の始めごろに話題になった例の不倫タレント。 男側は休業、女のほうは芸能界に復帰。 …
  3. 最近人気?の電子タバコFLEVOを買ってみました。 ネットでの評価は色々ですが、私が使って…
  4. 2016/11/10

    結婚の条件
    妻と結婚して23年、知り合って25年。 既婚男性のほぼ全員が「なぜコイツと結婚したのか?」…
  5. 夫婦円満。 良い言葉ですよね。 結婚当初はこれが理想であると思うのですが、理想と現実…
  6. 今月から兼業主婦になり、サラリーマン時代とは 全く違った日々を送っています。 そろそ…
  7. 腰椎固定の手術から約1ヶ月が過ぎました。 まだまだ無理は出来ませんが、手術とその後について…
  8. 夫源病という病気が最近話題になっています。 この病気は夫が原因のストレスで、奥さんが精神的…
  9. 少し前までは浮気と言えば男がするもの。 そんな印象がありましたが、最近では主婦の浮気が急増…
  10. 少し前に書いた「夫婦関係」の記事が予想以上に読まれているので 今回は夫が妻のために出来るこ…
ページ上部へ戻る