サラリーマン辞めたい

  • 2015/5/31
  • サラリーマン辞めたい はコメントを受け付けていません。

 

サラリーマン辞めたい

 

今年に入ってから、休日出勤に早出、残業
オマケに海外出張・・・

病院の検査日以外ほとんど休んでいません。

中年にこの激務は拷問です。

 

影太郎です。

20代なら少々無理しても平気でしたが
40代も後半になると体が激務についてきません。

 

こんな激務でも、それなりにお金に反映されたら
疲れもぶっ飛ぶんですが、それも無理な状況です。

 

私がサラリーマンしているのは、お金のため。

それ以外の理由はありません。

 

一昔前に「企業戦士」という言葉がありましたが
私には絶対に無理だし、なりたいとも思いません。

 

時間と労働力を会社に提供して、その対価として
お金をもらう。

 

当たり前のことですが。

 

しかし、提供する労働力や時間の対価が
異常に低いのがサラリーマン。

大企業なら、それなりの対価を
得ることが出来るとは思います。

 

でも残念なことに、私のように中小零細企業では
正直無理な話です。

 

こんな生活が嫌だから、
ネットビジネスの世界に入りました。

 

 

がっつり稼ごう!

 

そう思って数年が経過しました。

 

数年間で、がっつりとはいかないまでも
少々のお金は稼げるようになったんですが・・・

 

まだまだ独立とまではいかない収益。

 

これは私自身の努力が足りないのと
センスの問題でもあると思っています。

 

それとマインドセット。

 

サラリーマンを辞めたいから稼ぐのではなく
自分の理想を実現するために稼ぐ。

 

そういった考えでなければ
起業は難しいと思います。

 

 

ネットビジネス塾

 

去年の話なんですが、
塾の仲間とスカイプしたんですよ!

今まで記事に書いたことないと思いますが
私はSAS(サクセスアフィリ塾)の物販部門に
入っています。

 

サクセスアフィリ塾とは、ナオトさんが
塾長を務めるネットビジネス塾です。

 

その物販部門の仲間と数人で
将来の夢について話しました。

つまり、ネットビジネスで成功したら
何をしたいか?どうなりたいのか?

そんな話です。

 

私の夢は、1日中ゴロゴロとダラダラと過ごすこと。

誰にも縛られず、自由に時間を使いたい。

 

ほんとくだらない夢です。

 

しかし、他の塾生の方達の夢は違いました。

 

自分のためではなく、家族の夢実現したい。

仲間と事業をしたい。

 

その他にもありましたが
どの方も、自分以外の人が
幸せになれるようにとの夢だったんです。

 

正直、自分が恥ずかしくなりましたよ。

 

いい年して、なんてちっぽけな
自分よがりの夢だったんで。

 

マインドセットが重要と何度も記事に書いていますが
その書いている本人のマインドが低すぎ。

笑うに笑えない現実。

 

もう一度、初心に戻り
成功するために、理想の未来のために
努力をしていこうと思います。

 

今の苦しい現実から逃れるためではなく
理想の未来を実現するために努力する。

 

そういったマインドで、ネットビジネスに
望んで欲しいと思います。

 

私のように、遠回りしないために。

 

 

5月も終わりですね。

今年もあっという間に、時間が過ぎてしまった。

 

そんな気持ちです。

 

 

時間は有限です。

1日の時間を有効に使って
理想の未来を目指してください!

 

それでは今回はこの辺で。

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

クズ不倫に正義の鉄槌を!

暇つぶしに見てください!

素人が作る料理動画

ピックアップ記事

  1. ブラック事業という言葉が定着しましたが、この言葉ができる以前から、こういった変な企業は存在し…
  2. 夫源病という病気が最近話題になっています。 この病気は夫が原因のストレスで、奥さんが精神的…
  3. 脊柱管狭窄症と診断されて、腰椎固定術という手術を受けてから一年と四ヶ月が過ぎましたが完全に良…
  4. 損する結婚 儲かる離婚という書籍が人気との話を聞きました。 この本を読んではいないのですが…
  5. 妻と知り合って26年。 結婚して24年が過ぎました。 今、幸せですか? と聞かれた…
  6. 夫婦円満。 良い言葉ですよね。 結婚当初はこれが理想であると思うのですが、理想と現実…
  7. ここ数ヶ月間、身内の不幸が連続しています。 私の年齢からすれば、ごく自然なことなのかもしれ…
  8. 少し前に書いた「夫婦関係」の記事が予想以上に読まれているので 今回は夫が妻のために出来るこ…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る