そして伝説へ

  • 2013/8/9
  • そして伝説へ はコメントを受け付けていません。

伝説1_001

レビューをすると言いながら

全く作業が進んでいない・・・

影太郎です。

タイトルの
そして伝説へ

これドラゴンクエストⅢにあったタイトルなんですが
当時このゲームにハマっていてですね

寝る間も惜しんでゲームしてました。

 

レベル上げるために、はぐれメタルを狙って戦って・・・

 

とゲームの話は終わりにして
私は一度だけ会社で勇者と称えられた事があります。

 

以前勤めていた会社の会議中だったんですが
その会社ではエンジニアとして働いてました。

エンジニアといっても機械の修理をする仕事です。

 

その会社は商社だったんですが
営業職が何人かいて、会議の時には毎回社長に
怒鳴られてました。

 

・もっと売り上げを上げろ
・お前やる気あるのか!
・毎日遊んでいるのか

などなど。

 

正直、聞いていて気の毒になるくらい可哀想でしたね。
営業の人。

 

そんなこんなで怒りまくっていた社長が私に言ったんです。

「影太郎君は営業経験者だよね。もう一度やってみないか?」

 

一斉に皆の視線は私に集中しました。

 

そこで一言。

 

「売り上げ少ないと上司に怒鳴られ、客には理不尽な理由で
文句を言われる営業は二度とやりたくありません」

 

社長は言葉を失って・・・ポカーン。

営業職は目を輝かせている!

 

では今月の会議は終わります。

と、会議終了。

 

その後、営業職の人達が私の周りに集まって言いました。

 

「日頃の鬱憤を代弁してくれたお前はヒーローだ!」

 

さて、
ここで思うことですが、なぜ営業職は私もことを絶賛したのか?

 

これは彼らの言葉を私が代弁したからです。

 

なぜ私が彼らの気持ちを代弁出来たかといえば
営業職を経験していたから・・・ですよね。

 

経験無しでは無理な事です。

 

行き場の無い感情を代弁する。

 

これはネットでも、かなり重要な事だと個人的には
感じています。

 

すいません。

体力が限界なので続きは次回ということで。

 

少しの間、コメントお休みさせてもらいます。

 

ここまで読んでいただいて
ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 腰痛に悩まされるようになって十数年。 椎間板ヘルニアの手術一回、脊柱管狭窄症の手術四回。 …
  2. イクメンという言葉が市民権を得て数年。 個人的にこの「イクメン」という言葉を聞くたびに吐き…
  3. 3月中旬に「脊髄刺激装置」を埋め込んだにもかかわらず、手術前の痛みが完全に戻ってしまいました…
  4. 脊髄刺激装置本埋込みの手術が終わり退院しました。 術後の経過は比較的良好で、今まで散々苦し…
  5. 2017年に書いたインドネシア出張の記事へのアクセスが毎月かなりあります。 そこで前回の記…
ページ上部へ戻る