腰痛の大御所がオススメ!お医者さんのがっちりコルセット

椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症と3度も腰の手術を受けた私は
友人や仕事関係の人たちから「腰痛の大御所」と呼ばれています。

そんな理由からなのか、腰のコルセットって何がいいの?
という質問をよく受けます。

今は手術前に病院で作ったコルセットを使ったりしているのですが
昔は市販のコルセットを使っていました。

それがお医者さんのがっちりコルセットというものです。

がっちりと腰を固定するから腰への負担が少ない

病院のオーダーメイドのコルセットって、自分用に作ってもらうものなので
とにかく腰へのフィット感は最高です。

ただ使ってみてわかったのですが、以前使っていたお医者さんのがっちりコルセットも
中々のものでした。

実際にオーダーメイドのものと比べてみると作りもよく似ています。
さすがに整形外科専門医が開発しただけのことはあるいな~と。

実際に使っていた頃の感想ですが、当時の私の仕事は重量物を扱う肉体労働でした。
当然ですが腰への負担は毎日すごかったです。

そんな仕事をしているときでも、このコルセットを付けていると荷物を持つときも
立ち仕事のときも腰への負担が少なく、快適に過ごせてました。

個人的な感想ですが、このコルセットは腰のラインに沿った設計で幅も一般のコルセットよりも広くしっかりと腰を固定することが出来るからだと思います。

事実、他のコルセット(安物)を使っているときには「着けないよりはマシ」くらいでしたね!

 

コルセット使用時の注意点

腰痛持ちでコルセットしているとホントに楽なんですよね!
ただ楽だからと言って着けっぱなしってのも問題があるんです。

それは着けたままだと筋肉が弱くなってしまうということ。

これはリハビリの先生のもよく言われてました。
コルセットを使用する時には、使用する時間も考えなければなりません。

ただ医師から使用するようにと言われているときは別です。
私も手術後は3ヶ月ほどコルセット着けてましたから。

 

お医者さんのがっちりコルセット使用者の率直な意見

一言で言ってしまうといい商品だと思います。
これ使ってた時は腰がすごく楽でしたから!

最終的には脊柱管狭窄症の手術するまでの3年間使ってました。
今はオーダーメイドのコルセットですが、着けやすさと使用感ではオーダーメイドのものよりも優れていると思います。

というのは、オーダーメイドコルセットはかなり厚みがあるために少々動きにくいのと
着けるのがものすごくめんどくさいんです。

その点から考えるとお医者さんのがっちりコルセットのほうがいいかなと思います。

ただ、少々お高いんですよね。
薬局などで売られているものと比べてしまうと。

私も購入する時はかなり悩みました・・・が
実際に使ってみて、高いだけの価値はあると実感しました。

中途半端なコルセット使って腰が辛いよりも、少々値段が高くても
腰が楽な方が数倍も良いですからね!

あなたが腰痛で悩んでいて、コルセットを探しているのなら一度公式サイトで
確認してみてください。

»公式サイトはこちら«

 

ページ上部へ戻る